面接会場に入ると最初に自己PRをお願いしますと言われることはよくあります。
複数の面接を同じ日に受ける時

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

面接は自己PRから始まる

面接会場に入ると最初に自己PRをお願いしますと言われることはよくあります。前もって作成しておけばすぐ対応できるでしょう。自己PRに費やせる時間は企業や面接時の人数によっても変わってきますが、長くても1、2分程度です。ですのでそのくらいの長さの自己PR文を作って暗記しておくといいでしょう。400字詰め原稿用紙に書けばおそらく3枚か4枚程度に相当します。書き終わったら時間を測りながら読んで確認するといいでしょう。

自己PRはいわゆる初対面の人にする最初の挨拶とは異なります。志望動機や入社したいという熱意や会社にとって役に立つ人間かどうかを確かめています。ですからどの企業での面接でも同じ自己PRを使い回すのはやめたほうがいいでしょう。なぜなら企業によって求めている人材が違うからです。企業が何を求めているか考え、それに合わせた自己PRを用意しておくといいでしょう。つまり効果的な自己PRをするには企業研究が欠かせないということです。自分が入社したら何ができるか、どう貢献できるかをしっかりPRできるようにしておきましょう。できればそのとき具体的なエピソードなどを交えて言えるようにしておくと面接官にもよく伝わるでしょう。

Copyright (C)2017複数の面接を同じ日に受ける時.All rights reserved.